東京都東中野・樋口 トモユキ写真展

東京ガール・モデル撮影のインタビューで、お世話になりました。
コーヒースタンド早川亭さんにて樋口 トモユキさんの写真展が開催されております。
お近くをお越しの時にご覧いただければと思います。

東中野・樋口 トモユキ写真展

↓ブログ人気ランキングに参加しています。クリック応援をお願いします。

MINAMATA

本日、観てきました。
ユージン・スミスとアイリーンに敬意を払います。
ジョニー・デップを始め映画製作に関わった全ての方に感謝申し上げます。ありがとうございました。
多くの方にご覧いただきたい映画です。
詳細は写真をクリックしてください。

MINAMATA

↓ブログ人気ランキングに参加しています。クリック応援をお願いします。

アマチュア写真家を対象とした公募展「第32回 東京フォト・サロン」が作品募集開始

アマチュア写真家を対象とした公募展「第32回 東京フォト・サロン」が作品募集開始

全東京写真連盟は9月1日、公募展「第32回 東京フォト・サロン」の応募受け付けを開始した。応募期間は10月31日まで。

「アマチュア写真の普及と技術向上を期し、写真文化の発展と地域社会に貢献すること」を目的として、1988年から開催されているアマチュアの写真愛好家を対象とするフォトコンテスト。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みて開催が見送られていた。

応募作品は、未発表の単写真(自作品)であれば、ジャンルやテーマは自由。
応募料金は応募5作品まで1,000円で、6枚目以降は1枚ごとに追加200円(点数制限なし)。

入賞作品は、大賞グランプリをはじめとした各賞が贈られるほか、銀座ギャラリー北面(丸の内・日比谷線銀座駅と日比谷線日比谷駅間を結ぶ地下連絡通路)で展示される。

応募資格 アマチュアに限る
応募期間 9月1日(水)~10月31日(日)
題材 テーマやジャンルは自由(未発表の自作品で単写真に限る)
サイズ カラーまたは、モノクロプリント
A4または四つ切(ワイド四つ切は不可)
作品の合成・加工は不可(コントラスト・色合い・明るさなどの調整は可)
応募方法 応募作品の裏面に応募票を貼付して事務局宛に郵送。応募票はWebサイトからダウンロードするか、事務局から取り寄せる。
審査員 写真家・増田賢一氏
発表 11月中旬ごろにWebサイトで発表(入賞者には別途通知)
賞 大賞グランプリ:1名 優秀賞:1名 奨励賞:1名 特選:3名 入選:5名 佳作:20名程度
入賞作品展示 会場:銀座ギャラリー北面(丸の内・日比谷線銀座駅と日比谷線日比谷駅間を結ぶ地下連絡通路)
期間:2021年12月24日(金)~2022年1月4日(火)展示料:大賞3,000円、その他1人2,000円

↓ブログ人気ランキングに参加しています。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
写真ランキング
カメラマンネット

12年周期の想い出

過去のことを考える時10年単位で計算するが、想い出は干支の12年周期で思い出すほうが僕はフィットする。
小学校に入るときは6歳、卒業は12歳、そこから中学3年高校3年で合わせて6年と3年6年12年と倍数で想い出が切り替わる。
干支が12年周期となっているので、それも関係していると思う。
生まれて人は、1・12・24・36・48・60・72・84・96・108と自分の干支を迎える。
人の宇宙は12年周期で動いているのかな?

11月にソートフルが24周年を迎える。初めてモデルとなってくれた20歳の女性は44歳となっている計算となる。
人の一生は「あ!」言って振り替えて後ろを見た瞬間に過ぎてしまう。今日という日を大切に

12年周期の想い出

↓ブログ人気ランキングに参加しています。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
写真ランキング
カメラマンネット

Nextの12年に向けて

干支は12年周期となっている新たな12年に向けて

今、落ち着いて考えてみると今年の11月でソートフルは、1997年11月にハーブと写真・ソートフルを立ち上げて丸24年となります。

新たな12年を目指し船出をするために身体をガン細胞の宿命から転換させるために必要な期間だとわかると本当に心から感謝の想いで一杯になる。

今年の3月1日に前立腺ガンが骨に転移してステージ4だとわかり化学療法は一切使わず祈りと自己治癒力とハーブで5月3日にガンを克服し健康な身体となり感謝で日々活動出来ることに本当に心から感謝しています。

前立腺がんの経過について
血液検査・ガン腫瘍マーカー PSA(健康の基準値:0~4.0)状況3月1日 340.131、4月22日 0.546、7月1日 0.029となり以降の検査は予定していない。

24年間、雨の日も、暴風が荒れ狂う嵐の日も、そして晴れの日もハーブ部門:アロマ館ソートフル、写真部門:スタジオソートフルとしてやってきた経験を活かしこれからの12年は、やりたくても途中挫折し出来なかった3本目の矢として出版部門:ソートフルを船出させる。その第一号が、季刊誌「東京ガールブック」明年1月発行を目指しています。

Next 新たな12年に向けて

↓ブログ人気ランキングに参加しています。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
写真ランキング
カメラマンネット

東京ガールブック

「東京ガールブック」現在、地方から東京に出てきて頑張っている女性の応援フォトマガジン発行に向け企画製作中、
モデルは、地方から東京に来て頑張って生活をしている女性のエールマガジン
—————————————
雑誌:東京ガールブック
編集長:小林千廣
編集者:佐倉杏奈 ◎◎△▲
写真:上野比路・安藤鈴紋
発行元:ソートフル
印刷・製本所:◎◎△▲印刷

東京ガールブック

Model:Satokoさん

↓ブログ人気ランキングに参加しています。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
写真ランキング
カメラマンネット

秋の夜長の読書会・オツベルと象

オリーブの庭 さんから本日、私の写真を使用してのポスターが出来上がったと連絡をいただきました。
お近くの方は、是非ご参加をお願いします。

秋の夜長の読書会開催のお知らせ
読み物:宮沢賢治 オツベルと象
日時:9月21日(火)11:00~13:00
場所:JR東中野駅 西口改札口集合
会費:1800円 お手土産付き
秋の夜長の読書会

↓ブログ人気ランキングに参加しています。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
写真ランキング
カメラマンネット

Nikon次期フラグシップ Nikon Z9

Nikonの次期フラグシップフルサイズミラーレス機「 Nikon Z9 」
発表日・発売日未定ですが、半導体や部品の製造不足などもあり発売日の発表は、2021年10月頃2021年11月から12月の発売になるとみられています。
現在の市場のミラーレスカメラはシャッター音が小さくポートレート撮影の時に撮影したことがモデルに伝わらない事があるが、Z9はシャッター音レベルを無音から大音量まで調整出来シーンで切り替えが可能でNikon D6の様な連写音も再現できると言われている。
シャッター音は、写真家とモデルの阿吽の呼吸に必要なアイテムと僕は思っている。
現在は、NikonとCanonのカメラからパナのLUMIXのS1に移行しているが、Z9が出たら1~2年後(新型の出始めは初期不良があるので1~2年後に購入している)にNikonに移るかもしれないな・・・
最高のカメラを使うことは「カメラの性能が悪い」と自分に言い逃れが出来なくさせる。

https://nomad-ceo.com/nikon-z9-expected-specs/
Nikon次期フラグシップ Nikon Z9

↓ブログ人気ランキングに参加しています。クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
写真ランキング
カメラマンネット

LUMIX Sやシグマfpで野鳥を撮りたい人の最強レンズ・シグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports」正式発表

シグマがフルサイズミラーレス専用設計の超望遠ズーム「150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports」を正式に発表しました。
描写性能においては、各収差を徹底的に補正し、全てのズーム域における高い解像感と美しいボケ味を実現。
Lマウント用では1.4倍、2倍のテレコンバーターに対応し、最大1200mmでのAF撮影が可能。
高精度磁気センサーを採用したAFユニットによる正確かつ高速なオートフォーカス、約4段分の手ブレ補正OS機構が超望遠撮影を快適にアシスト。
直進ズームに対応したズーム機構や 防塵防滴構造、カスタマイズ可能な各種スイッチの搭載により、あらゆる撮影環境やシチュエーションに対応。

https://www.sigma-global.com/jp/lenses/s021_150_600_5_63/

—————————————————-
150-600mmは、堅牢性と防塵防滴と小型軽量を実現。
MTF光学性能も一眼レフ用150-600mm Sportsよりも上です。
ズームトルクスイッチは良いと思う。
150-600はLマウントのみテレコンバーター対応、テレコン付けて1200mmの望遠が使える。
LUMIX Sやシグマfpで野鳥を撮りたい人には最強のレンズ
LUMIX Sやシグマfpで野鳥を撮りたい人の最強レンズ・シグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports」正式発表

↓ブログ人気ランキングに参加しています。クリック応援をお願いします。

写真ランキング
カメラマンネット